「重要なお知らせ」に分類された記事

全2ページ12

研究部会設立(更新)申請について(2021年)

人文地理学会では,大会・例会とは別に,研究発表とそれに関する討論,情報交換に重点を置く場として,1983年以来,研究部会を設けてきました。研究部会の設置は,会員からの設立(更新)申請にもとづき,理事会で設立に関する審議と

<緊急告知>2021年人文地理学会大会のオンライン開催への変更について

『人文地理』第73巻第1号の「2021年 人文地理学会大会について[第1報]」にてお知らせしました、関西学院大学西宮上ケ原キャンパスを会場とする2021年の大会は、人文地理学会臨時理事会で審議した結果、規模を縮小した上で

人文地理学会 第293回例会(特別例会)「長崎の地域多様性を考える」(開催日:2021年6月26日)

開催日: 2021年6月26日(土) 13:30~17:00 開催方法: Zoomによるオンライン形式 講演会「長崎の地域多様性を考える」 趣旨説明: 深見 聡(長崎大学) 講演: 今里悟之(九州大学)「長崎県平戸地域の

<緊急告知>人文地理学会第293回例会(特別例会)のオンライン開催への変更について

 Covid-19(新型コロナウィルス感染症)の影響が国内外でなかなか収束しない中で,第4波による感染拡大が予断を許さない状況にあります。こうした情勢を受けて人文地理学会では,3月31日の常任理事会および4月10日の理事

名簿と選挙権について

2020年4月22日に役員選挙の公示がおこなわれました。その選挙人は、同年5月1日の時点で「前年度」の会費を納付している正会員と今年新加入した正会員となります。会費未納の方は、この機会に納付手続きをよろしくお願いします。

第136回地理思想研究部会(2020年5月31日開催)の見送りについて

地理思想研究部会では,第136回部会として藤原辰史氏による「ボロとクズの人文学―「分解の哲学」前後―」の研究発表を予定していましたが,COVID-19(新型コロナウィルス)感染拡大に伴い,その開催を見送ることになりました

<緊急告知>人文地理学会第292回例会(特別例会:2020年6月27・28日)の開催見送りについて

 Covid-19(新型コロナウィルス感染症)が国内外において拡大し,予断を許さない状況にあります。こうした情勢を受けて人文地理学会では,臨時常任理事会を開いて例会・部会等の研究集会開催の是非を慎重に議論し,そこで得られ

一般社団法人人文地理学会メーリングリスト「hgsj-ml」に関するご案内

趣旨・目的 一般社団法人人文地理学会では、会員の皆様の研究・実務に関する情報提供、学会活動に関する広報サービスの拡充や、学会誌『人文地理』の季刊化に伴う会告の遅れを補うことを目的に、2016年4月より新たにメーリングリス

全2ページ12

このページの先頭へ