人文地理学会 第295回(特別例会)について[第1報]「地域多様性からみた地方の価値と未来像」( 開催日:2023年6月24・25日)

期 日:

2023年6月24日(土)ミニ・エクスカーション,シンポジウム
2023年6月25日(日)バス・エクスカーション

懇親会は実施しません。また,新型コロナウイルス感染症の流行等により,対面での実施が困難となった場合,シンポジウムはオンライン形式で実施しますが,エクスカーションは中止します。詳細は,1ヶ月半前を目途に学会ウェブサイトなどで告知します。

ミニ・エクスカーション:

2023年6月24日(土)10:00~12:00
  集 合 9:50 島根県民会館(島根県庁・松江城側入口)
  コース 島根県民会館~松江城三の丸・二の丸~カラコロ工房~京店~松江大橋~
      大橋川拡幅工事現場~山陰合同銀行展望台~白潟本町・天神町
  解 散 12:00頃 島根県立美術館(シンポジウム会場)付近
  参加費 無料

シンポジウム:

2023年6月24日(土)13:30~17:30
  会 場:島根県立美術館ホール(島根県松江市袖師町1-5) ※島根大学ではありません
      https://www.shimane-art-museum.jp/
  アクセス:飛行機:東京・大阪(伊丹)・名古屋(小牧)・福岡・仙台・静岡から出雲縁結び空港
           東京から米子鬼太郎空港
       鉄 道:JR松江駅から徒歩約15分,松江市営バス「南循環線内回り」6分
       自動車:美術館駐車場あり(3時間まで無料)

  テーマ:「地域多様性からみた地方の価値と未来像」(報告題目はいずれも仮題)
    主旨説明 神 英雄(島根地理学会会長)
    個別報告「山陰地方の多様性を考える」
         阿部志朗(島根県立津和野高校)
          「海を旅した石見焼 -北前船が結ぶネットワーク-」
         舩杉力修(島根大学法文学部)
          「国境離島を有する山陰地方 -竹島の歴史から現代まで-」
         作野広和(島根大学教育学部)
          「過疎地域の現状と可能性 -過疎発祥の地から考える-」
         菊池慶之(島根大学法文学部)
          「地方都市の人口動態と就業構造 -山陰地方を中心に-」
         田中輝美(島根県立大学地域政策学部)
          「関係人口からみた山陰地方の可能性」
    総合討論「山陰からみた地方の未来像」
     コーディネーター 筒井一伸(鳥取大学地域学部)

バス・エクスカーション:

2023年6月25日(日)8:30~16:30頃
  集 合 8:20 JR松江駅南口(ステーションホテル25付近)
  コース 松江駅(8:30頃)~雲南市吉田町(鉄師田部家,町並み散策ほか)~菅谷たたら山内~
      出雲空港(15:30頃,東京便・大阪便接続)~松江駅(16:30頃) 
  案内者 神 英雄(島根地理学会会長)ほか島根地理学会会員
  参加費 3,000円(昼食代を含む)

申込み方法:

シンポジウムは申込み不要です。
ミニ・エクスカーション,バス・エクスカーションについては,2023年4月より専用受付サイトを設ける予定です。それまでは,下記の問合せ先までお尋ねください。

問合わせ先:
〒690-8504 島根県松江市西川津町1060 島根大学教育学部 作野広和
E-mail : hsakuno[at]edu.shimane-u.ac.jp [at]は@に置き換えてください。
※メール件名に「特別例会」とご記入下さい

このページの先頭へ