概要

会誌『人文地理』の編集・発行

B5判,約100ページのものが年6冊,隔月に刊行されます。編集委員会による審査論文である「論説」「展望」「研究ノート」のほかに,大会の「特別研究発表要旨」,例会・研究部会の「発表要旨」,地理学ウィーク・公開セミナーの記録である「フォーラム」,さらに「文献解題」なども掲載され,学界の最新動向を知ることができます。近年は学会活動の国際化を進めており,欧文論文も掲載しています。また毎年第3号の「展望」は,「学界展望」として,前年における人文地理学の動向を分野ごとにレビューするもので,他誌にはない特徴として好評です。

大会の開催

毎年11月に開催されます。2日間にわたって特別研究発表,一般研究発表,ポスター研究発表,研究部会,総会,懇親会などが催され,350名を超える参加者が一堂に会する学会最大の行事です。3日目にはエクスカーションが行われます。

例会・研究部会の開催

例会は4月,6月の,原則として第3土曜日に開催されます。6月は特別例会として近畿地方以外で開催され,2日目にはエクスカーションも実施されます。研究部会は現在,「歴史地理」「地理思想」「都市圏」「地理教育」「政治地理」の5部会が置かれ,それぞれ年数回の研究集会が開催されています。

公開セミナーの開催

学会の枠を越えて広く地理学の交流をはかるために,10月には高校教員および社会人を対象にした「公開セミナー」を開催しています。

地理学文献目録』の編集

最新のものは2002年から2006年までの文献を収録した「第12集」が刊行されています。単なる出版情報ではなく,分野ごとに専門の委員が厳選した文献が集められており,地理学界では他に類例を見ない事業として高く評価されています。付録としてCD-ROMが収められ,パソコンによる検索も容易です。また,このデータは,国立情報学研究所の学術研究データベース・リポジトリ上でも公開しています。

『人文地理学会50年史』

人文地理学会創立50周年記念事業の一環としてまとめたもので,学会の歩み,歴代会長の回想,資料などからなる総176ページの記念誌です。会員には送料を含め1500円で販売しております。
代金は人文地理学会の郵便振替(00940-8-329989)に,通信欄に「50年史希望」と明記の上,お振り込み下さい。

※以上の内容は,「人文地理学会へのご案内」人文地理57巻1号,2005年,124頁,に依るものです。